ニュースお届け屋では、芸能、スポーツニュース、経済、国内・海外ニュースなど色々お届けします。
ニュースお届け屋
    スポンサードリンク 

スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:--| 編集
スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バカ映画=駄作ではない
2007年 06月 13日 (水) 08:04| 編集
スポンサードリンク
下ネタ満載! 飛行機に、ゾンビやヘビ! このバカ映画を見逃すな!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000006-flix-movi


おバカ映画は別に、駄作じゃないから
楽しみ方は心をオープンにして見ることだって。
一流俳優がおバカ映画でシリアスな演技してるあたりは笑える。

----------------------------
日本は“バカ映画”に冷たい。
製作者がものすごく一生懸命に作っているのが見え隠れする映画なのに、
物語の核となる部分が、一般常識の道筋から完全にハズれちゃってる映画をバカ映画”と
ここでは定義する。

このバカ映画は、日本では当たりにくいようで、ビデオスルーが当たり前だった。
洋画大作の一極集中的な売り方や日本映画バブルなど理由はいろいろ考えられるが、
冷遇されていることは確か。くだらない、下品と決め付け、食わず嫌いの観客も多い。

最近、日本で公開された中でおバカ映画筆頭は、なんといっても『スネーク・フライト』。
シチュエーション。サミュエル・L・ジャクソンのシリアスな演技もおバカ映画の神髄だ。
護送中の裁判の証人を殺すために、マフィアが旅客機内に送り込んだ刺客は無数の毒ヘビ! 
機内を混乱させて機を墜落させるというもくろみはパニック映画としては大歓迎。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) ニュースお届け屋 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。